転職活動であっさり内定!迷ったらやるべきこと【直感は9割当たる】

転職活動であっさり内定!迷ったらやるべきこと
  • URLをコピーしました!
悩み人

転職活動であっさり内定が決まって拍子抜けしています。
このまま内定を承諾すべきか、辞退すべきか、どうやって選べばよいのでしょうか?
判断に迷ったらやるべきことを教えてください!

こんなお悩みにお答えします!

本記事でわかること
  • 転職活動であっさり内定!迷ったらやるべきこと5つ
  • 転職活動であっさり内定!後悔しない決断をするためのポイント3つ
  • 直感は9割当たる!さいごは自分の直感を信じよう
本記事の信頼性
ナビ太郎
  • NABIZ-BLOG管理人
  • サイドFIRE達成済み、億トレーダー
  • 副業投資の最高利益:1億4,000万円
  • Twitterのフォロワー:約1,300人

本記事を書いてる僕は、副業投資歴6年の億トレーダー(@NABIZ_BLOG)です。自己破産後に投資を始め、今では年間1億円以上をトレードで稼げるようになりました。

今回は、「転職活動であっさり内定!迷ったらやるべきこと」について紹介します。

内定をもらうのは嬉しいことですが、あっさり決まってしまうと、逆に不安な気持ちになりませんか?

そこで本記事では、転職活動1社目で即内定をもらった経験のある僕が、転職活動を続けるべきか迷ったらやるべきこと、後悔しない決断をするためのポイントについて解説していきます。

NABI太郎

「転職」は人生を大きく左右するイベントの一つです。
ここで紹介する方法を学べば、失敗しない転職活動を実現できるはずです。

それでは、前置きはこの辺にして本文へ参りましょう。

目次

転職活動であっさり内定!迷ったらやるべきこと5つ

内定先が簡単に決まってしまうと、嬉しい反面、とまどいを覚えることも少なくありません。

ここでは、転職活動であっさり内定をもらった人が迷ったらやるべきことを、以下で5つ紹介します。

迷ったらやるべきこと
  1. 転職活動をはじめた理由を思い出す
  2. 次の会社で実現したいことを考える
  3. 妥協できない条件を洗い出す
  4. 不安な点・疑問な点があれば質問する
  5. 信頼できる人に相談してみる

それぞれ順を追って、解説していきます。

①転職活動をはじめた理由を思い出す

まずは、「なぜ転職活動をはじめたのか?」スタート地点に戻って、その理由を思い出すことから始めていきましょう。

スタートを切った理由がハッキリしないと、向かうべき場所、目指すべきゴールを見失ってしまいます。

大切なのは、複数ある転職をはじめた理由から、1つに絞ることです。

たとえば僕の場合、以下のような理由で転職をはじめました。

  • 通勤時間が長すぎて、寝る時間がなかったから。
  • ブラック企業で消耗する時間はムダだから。
  • 上司からのパワハラ・モラハラがきつかったから。
  • 必要なスキル・知識が身に付かないと感じたから。

このように転職理由は複数ありますが、最大のネックとなっていたのは「通勤時間が長すぎて、寝る時間がなかったから。」という理由です。

これが1つ目の転職軸となり、やるべきこと③の妥協できない条件に繋がります。

自分の望む転職先を明確にするために、転職活動をはじめた理由を思い出し、可能であれば1つに絞りましょう。

②次の会社で実現したいことを考える

続いて、「次の会社で実現したいこと」を考えましょう。

2つ目の転職軸となり、これも③の妥協できない条件となります。

実現したいことは人によって変わるので、しっかり自分の将来と向き合うことが大切です。

ここで僕の具体例を出しておくと、「やりがいのある仕事を通じて、スキルアップできる環境で働くこと」が次の会社で実現したいことでした。

選択肢が複数あると、人間は迷ってしまう生き物です。

優先順位をつけて、次の会社で最も実現したいことを考えましょう。

③妥協できない条件を洗い出す

やるべきことの3つ目は、妥協できない条件を洗い出すことです。

これは同時に転職軸の3つ目となり、転職先を選ぶ基準が9割方絞られてくることを意味します。

実は、妥協できない条件はやるべきこと①、②の工程ですでに決まっており、僕の場合は以下の通りです。

  • 妥協できない条件①
    転職をはじめた理由は「通勤時間が長すぎて、寝る時間がなかったから」なので、通勤時間が短い会社であること。
  • 妥協できない条件②
    次の会社で実現したいことは「やりがいのある仕事を通じて、スキルアップできる環境で働くこと」なので、やりがいを感じられてスキルアップが目指せる会社であること。

こんな感じです、もし追加があれば、この2つに付け加えてみてください。

妥協できない条件さえ決まってしまえば、それ以外は全て「妥協できる条件」となります。

④不安な点・疑問な点があれば質問する

やるべきことの4つ目は、不安な点・疑問な点があれば質問することです。

①~③で転職先の条件がだいぶ絞られてきたとはいえ、待遇や仕事内容など、気掛かりな点も出てくることでしょう。

そんな時は、すぐに企業に確認を入れるべきです。

企業にもよりますが、内定者に対して詳しい待遇や仕事内容、配属先などを説明する「条件面談」を設定してくれる可能性があります。

もし条件面談の設定が難しい場合は、電話やメールなどで具体的に気掛かりになっている点を質問し、回答を得ることで内定を受けるかどうかの判断が可能です。

NABI太郎

転職エージェントを利用されている方は、エージェント経由で企業に確認をとってもらうのも有効な手段となります。

▼僕も転職エージェントを使って、転職活動がだいぶ楽になったので、まだ利用されてない方は登録だけでも済ませておくと便利ですよ。

転職実績No.1「リクルートエージェント」

⑤信頼できる人に相談してみる

やるべきことの5つ目は、あなたの信頼できる人に相談して客観的な意見をもらうことです。

第三者からの目で見てもらうことで、自分では気付けなかった矛盾点や、メリット・デメリットが発見できる可能性があります。

ここで重要なのは、相談相手を選ぶときに「転職活動に関わる人」を避けることです。

転職活動に関わる人とは、たとえば転職エージェントや、今の勤め先の友人を指します。

相談相手に適さない理由として、あなたが転職するかしないかによって、その人にとって何らかの利益や損失が生まれるため、無理に転職を勧めてきたり、個人の感情で引き留めに合う可能性があるからです。

オススメの相談相手は、やはり「家族や恋人、そして親友」ではないでしょうか。

なぜなら、一番あなたのことを理解して、真剣にあなたの将来について考えてくれる存在だからです。

転職活動であっさり内定!後悔しない決断をするためのポイント3つ

転職活動であっさり内定をもらった人が、後悔しない決断をするためのポイントを、以下で3つ紹介します。

後悔しない決断をするためのポイント
  1. 完璧な転職先はないことを知る
  2. 内定先の口コミを確認する
  3. ワークライフバランスを実現できる会社を選ぶ

1つずつ解説していきます。

①完璧な転職先はないことを知る

自分にとって「完璧な転職先」はないことを知っておきましょう。

期待値が高すぎると、なかなか次の会社が決まらないばかりか、たとえ転職できたとしても、「理想と現実のギャップ」に苦しむことが多いので注意が必要です。

転職したあとに「こんなはずじゃなかった」「思っていたのと違った」とならないために、妥協できない条件は最低限に設定するのがオススメ。

最初からハードルを低く設定していると、入社後に予想外のことが起こっても、「まあこんなものだよね」と軽く受け流すことができるので、結果的に仕事の満足度も向上します。

②内定先の口コミを確認する

内定先の口コミ評価は事前に確認しておきましょう。

口コミサイトでは、実際にその会社で働いている人、働いていた人の「リアルな声」を聞くことができます。

参考になる口コミは、会社の「良いところ」と「悪いところ」両方を記載している場合が多いので、ぜひチェックしてみてください。

口コミサイトを使って、リアルな給料事情や残業の有無、職場の雰囲気や人間関係など、気になることをあらかじめ把握しておくことで、安心して転職先を選ぶことができます。

▼気になる方は、「転職会議」で自分の会社や内定先の口コミ評価を確認してみましょう。

【転職会議】企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト

③ワークライフバランスを実現できる会社を選ぶ

ワークライフバランスとは、「仕事」と「プライベート」の両立という意味。

仕事が充実すればプライベートでも満足度が高まり、プライベートが充実すれば仕事にもやりがいを見出せるといった「相乗効果」を期待できます。

つまり、ワークライフバランスの実現は、そのまま自分自身の「幸せな生き方」に繋がるということです。

仕事とプライベート、どちらかに偏った会社を選ぶのではなく、あくまでバランスの取れた会社を選びましょう。

直感は9割当たる!さいごは自分の直感を信じよう

2011年にイスラエルのテルアビブ大学でおこなわれた研究結果によると、人間の直感は9割の確率で的中し、正しい判断を下す時には直感を信じるべきと発表されています。

実際に、僕も今の転職先を「直感でいいな」と感じて選びましたが、入社して3年経って「その決断は間違っていなかった」と断言できます。

逆に、大学卒業後、はじめての就職活動で選んだ会社は、「面接のときの不信感」を直感で覚えたにもかかわらず入社して、ひどく後悔した記憶があります。

そういった意味でも、意外と人の直感は当たっているのかもしれません。

あっさり内定をもらい転職活動を続けるべきか迷ったら、さいごは自分の直感を信じて行動することで、後悔しない転職先を見つけられるはずです。

みなさんの転職が上手くいくことを願って、筆を置かせていただきます。

転職活動であっさり内定!迷ったらやるべきこと

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次